食の欧米化における問題点

私たち日本人の食生活は昔と比べて大きく変化しています。
戦前ではコメを中心として、水産物・畜産物・野菜等の多種多様なおかずを摂取する日本式でした。
戦後の復興とともに肉や炭水化物を中心とした高エネルギーなものを中心に摂取するようになり、食の欧米化ともいわれて問題となっています。
欧米化による問題とは、摂取する栄養のバランスがくずれて、脂肪の取り過ぎ・ビタミンの不足などが原因となる病気や疾患が増えてきていることです。
具体的には大腸がん・メタボリックシンドローム・心臓病・糖尿病・高血圧です。
これは成人だけに見られるものではなく、低年齢の子どもまでにも高血圧や肥満等の症状が表れています。
この問題を解決できるのが伝統的な和食です。
炭水化物・脂質・タンパク質のバランスがとれており、生活習慣病の予防に役立つとされています。
健康診断等で生活習慣病、または生活習慣病予備軍と診断されてしまった方は、是非試してみて下さい。