食の欧米化による問題について

日本は第二次世界大戦以降、急速に食生活が欧米化されました。
それまでは、野菜や魚、穀物を中心でした。
しかし戦後になり、肉や炭水化物が中心となりました。
以前から欧米化の問題は指摘されていました。
平成に入り、この弊害が顕著に現れ始めました。
まずは、大腸癌や心臓病、糖尿病などの増加です。
脂肪の取りすぎ、ビタミン不足が原因の一つとなる疾患が多くなりました。
他にも、以前の日本は一汁三菜という品数の多い生活でした。
それに比べ、ハンバーグやカレーライス、パスタなど品数の少ない料理やファーストフード、コンビニ弁当などが多くなりました。
これでは、偏った栄養バランスを補う副菜が存在しません。
このような欧米化の弊害により、平均寿命も低下してくるのではという考えもあります。
日本の今後の課題として、和食にどれだけ戻せるかという事が大切になります。
ご飯を中心とした品数とバランスの良い献立作りを心掛けると良いです。
そして、輸入されたものより国内の食材に目を向ける必要があります。